ヒロマツの部屋

ダメリーマンの頭の中。日常生活で思った事、感じた事などを好き放題書く自己満ブログ

鹿島アントラーズ 上海申花戦の感想

2018シーズンの開幕戦となったACL初戦の上海申花戦は、ホームで1-1の引き分けという残念な結果に終わってしまいました。


まず、試合前にスタメン、ベンチメンバーを見て??と思ったのは、私だけでしょうか?


今日のスタメンは、
前から、
ペドロジュニオール、鈴木
遠藤、安部、三竿、レオシルバ
内田、植田、昌子、安西
曽ヶ端
でした。


私が違和感をもったのが安部の先発です。


安部にスタメンはまだ早いという事ではなく、ベンチメンバーから考えて、切り札として温存しておきたかった。


安部は個の力で局面を打開できリズムを変えられる選手ですが、ベンチメンバーでそれが出来るのは
体調を崩していた金崎ぐらいだったのでは?


土居も中村も良い選手ですが、1点が欲しい時に投入するタイプの選手ではないとヒロマツは思っています。


土居、中村のどちらかがスタメンで良かった気がします。



さて、試合の方は、開始早々にコーナーからの流れで失点してしまいます。
あれは、曽ヶ端になんとかして欲しかった。
曽ヶ端は後半、1本日ビックセーブがありましたが、GKはスンテの方が良いのでは?

曽ヶ端はよくチームを助けるセーブを見せてくれますが、キックの精度など、実力的にはスンテの方が上な気がします。



試合は後半、鈴木のシュートがこぼれたところを、遠藤が押し込んで同点とし、その後のチャンスを活かせずドローとなったわけですが、

なんか、消化不良な試合でしたね。
歯車が噛み合っていないというか・・


そんな中、内田がフル出場したことは鹿島にとっも内田にとっても良かったのではないでしょうか。

今日も良い味出していたし、これからどんどん良くなっていきそうな感じがしますよね。


それと、安西。
彼、イイですね。
攻撃的でクロスの精度も良かった。
まだ、若いですし頑張って欲しいです。



今日は引き分けという結果でしたが、シーズンは始まったばかり。これからに期待したいし、期待できる内容だったように感じます。



頑張れ鹿島!!