ヒロマツの部屋

ダメリーマンの頭の中。日常生活で思った事、感じた事などを好き放題書く自己満ブログ

鹿島アントラーズ 安西幸輝に期待!!

王座奪回&2月14日のACL初戦へ仕上がり具合が気になる我が鹿島アントラーズ

 

2月3日の練習試合の対戦相手はJ2水戸ホーリーホックでしたが、危機感を抱いてしまう結果となったようですね。

(見ていないのでネット情報のみですが・・・)

 

先発メンバーは、ツートップがペドロと土居、

中盤はレアンドロ・遠藤・レオシルバ・小笠原。

最終ラインは右から山本、昌子、植田、内田、

GKはスンテ。

 

去年、最終節の磐田戦と比べると、

金崎 → ペドロ

三竿 → 小笠原

西 → 内田

曽ヶ端 → スンテ

の4人が入れ替わってはいますが、ほぼ去年の主力選手で挑んでこの結果とは・・

 

因みに、金崎は右足首痛で欠場。

西は故障中。

曽ヶ端、三竿は、ベンチには入っていたようなのでコンディション不足?

 

まぁ、GKに関しては、ヒロマツ的には曽ヶ端よりスンテの方が断然、実力的に上だと思っていますが。。

 

しかし、このメンバーで挑んで、J2の水戸に3失点って大丈夫なの?と思ってしまうのはヒロマツだけではないはず。

 

そんな中、新加入の安西が存在感を示したようです。

 

安西は東京ヴェルディから移籍してきた22歳。

攻撃力とユーティリティー性の高い選手だと聞いていましたが、この試合で前評判通りの活躍をしたみたいです。

 

2-3と1点ビインドの69分から投入されると、1得点1アシストとしっかり結果を残しました。

 

遠藤との交代で右の中盤で投入さましたが、81分に内田が下がると右サイドバックにポジションを変え、そのユーティリティー性も証明しました。

 

今までの練習試合も合わせると、中盤と最終ラインの左右、計4つのポジジョンででプレーしています。

 

サイドバックは、去年のスタメンだった西に、今季鹿島に復帰した内田、伊東と層は厚いですが、左サイドバックは、山本が孤軍奮闘している感が否めませんでした。

 

今季もJリーグにカップ戦、ACLと過密日程が予想されるなか、気になっていたのが、右サイドバックセンターバック

 

安西が右サイドバックとして計算できる選手であるなら、鹿島にとって、とても貴重な選手となりそうです。

 

安西幸輝

この22歳の若者の活躍に期待せずにはいられません。

 

 

 

全然、関係ないですが、

安西と言えば、ホワイトデビル。

スラムダンク安西先生を思い出すのはヒロマツだけ?